笹菊薬品について

メニュー

にいがたのまちかどで一人ひとりに寄り添い健康を支えます

薬剤師の仕事

薬剤師の仕事は、調剤業務だけではありません。
処方箋を通じて、地域の皆様から信頼され、薬や健康などの疑問に対して適切なアドバイスのできる、身近な相談相手としての役割もあると考えます。
私たちの目指す薬剤師とは、薬とそれに関わる患者さん・医師や他の職種の皆さんとのコミュニケーション能力をも合わせ持った人と薬とのコミュニケーターなのです。

薬局業務

地域の健やかな毎日のために、これからの薬局のあるべき姿を追求します。

私たちの取り組み

  1. 処方箋調剤
    全国の医療機関の処方箋を受付いたします。正確な調剤と個々の体調にあわせた丁寧な説明・指導により安心・安全な医薬品の使用をお手伝いします。
  2. かかりつけ薬局・薬剤師
    どの医療機関を受診した時でも同じ薬局で調剤する「かかりつけ薬局」をもつことでお薬の情報を一元的に把握・管理することができます。
    また患者さんに薬剤師をご指名頂き、毎回同じ薬剤師が担当する「かかりつけ薬剤師」を登録することができます。お薬の専属パートナーとして、お薬のことについて安心してご相談いただけます。
  3. お薬と健康相談
    地域の皆様の健康づくりを応援するため薬剤師がいつでもお薬や健康の相談を承っています。
    処方箋をお持ちでなくてもお気軽にご相談ください。
  4. 健康サポート薬局
    通常の薬局の機能に加えて、市販薬や健康食品に関することはもちろん、介護や食事・栄養摂取まで、さまざまなご相談に対応し、皆様の健康づくりをより幅広くサポートする薬局です。

笹菊薬品グループネットワーク

笹菊薬品グループの薬剤師は、身近なまちかどで患者さんとふれあいながら、地域の健康を支えています!

在宅訪問

笹菊薬品グループでは、薬剤師による在宅訪問をおこなっています!
薬剤師は、地域の医療・介護の専門家とチームを組んで在宅医療に取り組んでいます。

社会貢献活動

  1. まちを元気にする地域ネットワーク
    私たちの薬局は、現在27薬局。県央地域を中心に、ネットワークを広げています。それぞれの薬局には、その地域独特の特徴があり、大勢の先輩たちが目標に向かって研鑽を重ねています。また、笹菊薬品グループには、新潟には珍しい、漢方薬を専門に扱う薬局もあります。笹菊薬品グループネットワークではすべての薬局の業務内容とメッセージを掲載しています。たくさんの薬局の個性に、ぜひ、ふれてみてください。
  2. 子どもたちの未来を応援!
    “未来の子どもたちのために”を合言葉に、BSN新潟放送が主催する「BSNキッズプロジェクト」の協賛メンバーとして、様々な子どもたちを応援する活動を支援。保育園での「読み聞かせ」イベントなどを実施しています。私たちは、このような社会貢献活動にも積極的に参加しています。

笹菊薬品グループには、新潟では珍しい漢方薬を専門に扱う薬局と薬膳を気軽に楽しめるカフェがあります。
東洋医学の知恵を活かして、地域の皆様の健やかな毎日を支えます。

哈爾濱漢方薬局

哈爾濱漢方薬局は、新潟市と中国黒龍江省哈爾濱市との友好交流によって生まれた本格的漢方薬局。中国から招いた中医師が日本語で相談をお伺いし、漢方薬・生薬認定薬剤師が共に、健康維持・回復を親身になってお手伝いします。約260種類に及ぶ生薬類を備蓄し、煎じ薬を調製しています。

漢方カフェ めぐり

体調や体質に合わせた薬膳茶や本来主役ではない生薬を主役にしたスイーツを提供しています。どのような素材が漢方薬になっているのか、また、素材一つひとつはどのような働きをするものなのかを、目、鼻、口、耳、舌(漢方における五官)で実際に味わって、感じていただける、新潟では珍しい漢方カフェです。

代表メッセージ

代表取締役社長長澤 吉明

地域とともに、慶応から令和へ。「薬」を通し、健やかな暮らしをお手伝い。

弊社は慶応2年に初代、長澤菊蔵が加茂市上町にて薬種屋「笹川屋」を創業したことを起源としております。「笹菊」は「笹川屋」の「長澤菊蔵」が由来です。それ以来、薬局の個店営業、医薬品卸売業、薬局のチェーン展開と、時代に合わせて業態を変えながら、「薬」に携わり、150年を超える歴史を繋いでまいりました。長きにわたり、支えていただきました地域の皆様、関係取引先の皆様に、深く感謝申し上げます。
超高齢社会を迎えようとしている現在、地域包括ケアを担う一員として、薬局の役割は極めて重要になっております。弊社は「医薬分業」を「医薬協業」と捉え、医療関係者をはじめ、多職種の皆様と連携を深めることで、地域の皆様の健やかな暮らしの一助となりたいと日々、努めております。その一例として、「予防」の大切さを啓発し、そのお手伝いを行うために「漢方カフェ めぐり」を平成31年にオープンしました。多くの皆様に親しまれております。
弊社はこれからも、かかりつけ薬局、かかりつけ薬剤師としての地域での役割を最大限に発揮し、企業理念「地域と共に そして未来へ」を実現するために、社員一同、努めてまいります。未来を支える子供たちの健やかな成長を願って各種事業を行い、さらに、薬学生の実務実習を積極的に受け入れ、若手薬剤師の育成にも尽力いたします。今後とも、笹菊薬品グループをよろしくお願いいたします。

企業理念

地域と共に そして未来へ

  1. 私たちが共に暮らす地域住民の皆様が、健やかな生活を送ることができるよう、お手伝いを致します。
  2. 地域に貢献する企業となるために、社員が幸せに働くことができるよう、健全な勤務体制を構築し、確固たる経営体制を確立致します。
  3. 未来を支える子どもたちの健やかな成長を願い、子どもたちの育成に関する事業を積極的に展開致します。

会社概要

笹菊薬品株式会社:本社全景
商号 笹菊薬品株式会社
設立 1963(昭和38)年7月24日
業種 調剤薬局の経営および医薬品販売
役員 代表取締役会長:
長澤 敬一(東京薬大卒)
代表取締役社長:
長澤 吉明(北里大薬卒)
  専務取締役:
長澤 貴明(北里大薬卒)
資本金 3,000万円
本社 〒959-1313 
新潟県加茂市幸町1-16-16
TEL:0256-52-1431
従業員数 117人(男25人、女84人、パート8人)うち薬剤師53人
事業内容
  1. 調剤薬局の経営
  2. 医薬品、医療用機器、医療用具の販売
事業所 24店舗
調剤薬局:新潟市・加茂市・三条市・燕市・田上町・新発田市 23店舗
薬粧部:加茂市 1店舗
ホームページ https://www.sasakiku.co.jp
関連会社

株式会社メディウイル

役員 代表取締役社長:
長澤 貴明
    取締役:
長澤 吉明
    取締役:
長澤 敬一
所在地 〒959-1314 
新潟県加茂市番田11-32
TEL:0256-52-8338
設立 1982年(昭和57)年11月1日
資本金 2,000万円
従業員数 11人(男2人、女8人、パート1人)うち薬剤師5人
事業所 4店舗
調剤薬局:加茂市 2店舗
漢方薬局:新潟市 1店舗
カフェ :新潟市 1店舗

会社沿革

1866(慶応2)年 初代 長澤菊蔵が加茂市上町(現在、笹菊薬局)に薬種屋『笹川屋』を創業。
1923(大正12)年 3代長澤吉治が薬剤師となり『笹菊薬局』として医薬品、家庭薬販売を拡充し、写真機・写真材料・化粧品などの販売を開始。
1935(昭和10)年 法人経営に改め、合名会社に変更、『合名会社笹菊商店』を設立。
1950(昭和25)年 4代長澤吉男が事業承継、代表社員となり、医薬品卸業務を開始。
1955(昭和30)年 麻薬卸売業者の免許を取得、業務を拡大。
1963(昭和38)年 株式会社に改組、『株式会社笹菊商店』となる。長澤吉男、代表取締役社長に就任。新潟市に営業所を設置。以後、長岡市、上越市に営業所を、佐渡に連絡所を設置。
1973(昭和48)年 資本金を10,000千円に増資。
1975(昭和50)年 商号を『笹菊薬品株式会社』に変更。
1978(昭和53)年 本社を加茂市幸町に新築、移転。
1982(昭和57)年 地域医薬分業取組みのため『株式会社加茂調剤センター』を設立。同社、1998(平成10)年、商号を『株式会社メディウイル』に変更。
1983(昭和58)年 三条税務署長より優良申告法人の表敬を受ける。
1984(昭和59)年 資本金を30,000千円に増資。
1988(昭和63)年 長澤吉男、社長退任、取締役会長に就任。長澤敬一、代表取締役社長に就任。
医薬分業制度に対応して、調剤薬局経営に進出。同時に医薬品卸売部門の業務を縮小、各地営業所を廃止、大部分を(株)スズケンに営業譲渡。
新潟市長潟に調剤薬局第1号店「長潟調剤薬局」を開設。以後、各地に開設。
1990(平成2)年 会長 長澤吉男、加茂商工会議所会頭に就任、2001(平成13)年任期満了退任。
1995(平成7)年 漢方薬部門進出のため、中国・哈爾濱市医薬公司と合弁で『株式会社哈爾濱漢方薬局』を新潟市に設立。長澤吉男、代表取締役社長に就任。
2000(平成12)年 三条税務署長より優良申告法人の表敬を受ける。
2001(平成13)年 (株)哈爾濱漢方薬局を(株)メディウイルに吸収合併。
社長 長澤敬一、新潟市薬剤師会会長に就任。2005(平成17)年3月退任。
2002(平成14)年 卸売部門を廃止。調剤薬局経営専業となる。
2003(平成15)年 社長 長澤敬一、新潟県薬剤師会副会長に就任。
2005(平成17)年 社長 長澤敬一、新潟県薬剤師会会長に就任。2015(平成27)年6月退任。
2008(平成20)年 長澤吉明、常務取締役に就任。
2010(平成22)年 三条税務署長より優良申告法人の表敬を受ける。
2011(平成23)年 長澤貴明、取締役に就任。
2013(平成25)年 笹菊薬品(株)法人設立50周年事業「長岡花火観覧会」開催。
社長 長澤敬一、薬事功労者厚生労働大臣表彰を受賞。
長澤吉明、専務取締役に就任。
長澤貴明、常務取締役に就任。
2016(平成28)年 三条税務署長より優良申告法人の表敬を受ける。
2017(平成29)年 専務取締役 長澤吉明、県央薬剤師会会長に就任。
常務取締役 長澤貴明、新潟県薬剤師会理事に就任。
2019(令和元)年 長澤敬一、社長退任、代表取締役会長に就任。
長澤吉明、代表取締役社長に就任。
長澤貴明、専務取締役に就任。
2020(令和2)年 三条税務署長より優良申告法人の表敬を受ける。

PAGE TOP