らふまちゃ

てんちゃ

とちゅうちゃ

中国の健康茶

羅布麻茶
甜 茶
杜仲茶
商品購入



 「杜仲」は中国に自生するトチュウ科の落葉樹で、不老長寿の仙薬・貴薬として特に珍重されてきました。「内臓を補い、心臓を強め、元気をよみがえらせて気力を得、疲労を取り除き、身を軽くする」薬として樹皮を医薬品に、葉を健康茶に用いて古くから利用されてきました。現代医学でも分析と実証が進み、高血圧、高脂血症、腰痛、関節痛、ストレス、精力減退、排尿困難、さらには、物忘れの予防や発ガン物質の癌化を抑えて制癌などにも効果があると報告されています。

 主成分の杜仲葉配糖体に含まれるゲニポシド酸は自律神経系の副交感神経を刺激します。副交感神経が刺激されると、血管が拡張されて血液がスムーズに流れるようなって血圧が下がり、また神経や筋肉が弛緩されてリラックスしやすくなってストレスが緩和されるので、ストレスによって引き起こされる高血圧の改善や、記憶力の低下や精力減退の予防にも効果があります。

 そして、マグネシウム、カリウム、亜鉛などミネラルが豊富に含まれており、特にカルシウムはウーロン茶に比べて4倍も多く含まれていますが、カフェインを全く含まないので、ストレスの緩和にはうってつけのお茶といえます。

杜仲茶100gあたりの含有量(%)
成分名
繊維
カフェイン
タンニン
ペクチン
灰分
リン
カルシウム
カリウム
マグネシウム
亜鉛
杜仲茶
10.4
0
6.0
4.7
10.6
0.27
0.032
1.43
1.63
0.26
0.002
ウーロン茶
13.1
3.9
13.9
 5.6
0.24
0.034
0.33
1.90
-
-


 血圧に対しては、自然治癒力を強化して血圧を正常な状態に調整しているとも言われていて、血圧降下作用とともに逆に低い血圧を上昇させる作用ももっています(血圧の正常化)。

 さらに体内の脂肪、中性脂肪を減少し、肥満を軽減させる働きがあることが化学的に立証されており、高コレステロール症動脈硬化症など生活習慣病の予防効果も期待できます。

 また杜仲茶はコラーゲンの分解・合成能力を向上させる働きがあると言われています。人間の細胞を作っている大切なタンパク質コラーゲンは絶えず分解と合成を繰り返して人体を維持していますが加齢によってこの機能は衰えて行き、それが体の老化につながります。コラーゲンの分解・合成能力が向上すれば細胞を活性化し老化予防できるというわけです。

★☆★杜仲茶の作り方★☆★

 水600mlに杜仲茶のティーバッグ1袋を入れて弱火で加熱し、沸騰してから約5分間そのまま弱火で煮出した後ティーバッグを取出します。
 これをそのまま又は冷やして、1日に数回お召しあがりください。

【杜仲茶ティーバッグ】

3g入りパック×60包入り………2,650(税込)