高 士成(こう しせい)

プロフィール
1962年中国黒龍江省出身。1985年中国ハルビン市・黒龍江中医学院卒業、専攻は中医学(漢方)です。同年、同大学病院勤務、中医師となり、内科、整形外科など12年間臨床医を経て、1997年助教授に就任。哈爾濱漢方薬局の招聘により顧問アドバイザーとして1998年来日、勤務している。

 

高 士成からひとこと
メタボリックシンドロームと漢方の「未病(みびょう)」

 「未病(みびょう)」とは、まだ病気ではないけれど、ほうっておけば病気になる一歩手前の状態までをいいます。これに対して、早めに発見して病気にならないように養生を心がけたり、漢方薬を服用したりすることを「未病を治す」といいます。

 これは、漢方古代からの考え方ですが、最近話題のメタボリックシンドロームは確かに「未病」ですので、生活習慣を直したり、漢方薬を服用したりすることによって、病気になるまでに容易に健康状態に戻せますし、何しろ病気のつらさを知らずに済むことが大変有意義だと思います。

 例えば、最近テレビでも「杜仲茶」を1日10gしばらく飲み続けますと、内臓脂肪を減らす効果が確実に得ると紹介がありました。他に、ハブ茶(決明子)、羅布麻茶などもあります。更に体調に合わせて、複数の薬草を組み合わせて煎じて飲むという2千年以上の経験と知恵を持つ煎じ薬は、より効果的です。

 哈爾濱漢方薬局で調製している煎じ液の1回分ずつアルミパック密封包装は、手間・匂い・携帯の不便がなくなり、簡単に服用できますので、お薦めします。

 漢方薬は、人間の持っている自然治癒力を高め、体質を改善し、病気に立ち向かう強い力を作りますので、お気軽にご相談ください。

 

戻る